川口市近辺で家や土地をお探しの方、ご売却をお考えの方は
地元に根付いた山際建設にご相談ください。

お問い合わせはこちら
お役立ち講座

はじめての土地売却 分かりやすさを心がけて解説いたします

『売却に税金がかかる場合のおはなし』④

土地を売却した時に税金がかかる場合がござます。


売った金額が、購入した時の金額より多かった場合、


売った金額が、購入した時の金額と同等の場合のお話をしてまいりました。


ここで、更に一歩踏み込みます。


土地を売却する時に、


1その土地には古家があり、その古家を壊したという場合は解体の費用。


2測量が必要だったため、測量の費用。


3不動産業者さんが間に入って売却したので、不動産屋さんに払う仲介手数用。


これらの費用がかかった場合、売った金額が、購入した時の金額より多かった場合は、


更に1.2.3.の金額を差し引くことができます。


例えば、土地を売った金額が3,000万円。土地を売却した金額が2,500万円。


更に、解体費用が150万円。測量費用が50万円。仲介手数料が100万円の場合、


土地を売った金額3,000万円から


土地を売却した金額2,500万円、解体費150万円、測量費用50万円、仲介手数料100万円


を差し引くと、200万円という金額が出てまいります。


この200万円に課税されるということになります。


次回に、続きます。