川口市近辺で家や土地をお探しの方、ご売却をお考えの方は
地元に根付いた山際建設にご相談ください。

お問い合わせはこちら
お役立ち講座

はじめての土地売却 分かりやすさを心がけて解説いたします

『売却に税金がかかる場合のおはなし』②

土地を売却した時に、税金がかかる場合があります。


前回の例で、土地を売った金額3,000万円、土地を購入した時の金額2,500万円のお話をいたしました。


差し引きの金額500万円に税金がかかるというものでした。


では、ちょっとだけ例の内容を変えます。


あなた様の土地が3,000万円で売れました。


あなた様はその土地を以前、3,000万円で購入したものでした。


土地を売った金額3,000万円があなたのお手元に入ってきます。


この場合、税金はかかるでしょうか。


答えは、売った金額から、購入した金額を差し引き、その金額がゼロになるので、かからないと言っていいでしょう。


ここでひとつ気をつけて頂きたいことがございます。


土地を売った時の、契約書や領収書は、売った時に税金のことを考えるので、お手元にあるはずです。


では、購入した時の、契約書や領収書がお手元にありますでしょうか。


購入したのは何年か前のお取引の可能性がございます。無いとちょっと困ったことになってしまうのです。


これらの書類は、税金の申告をする時に必要になるものなんです。



次回に、続きます。