川口市近辺で家や土地をお探しの方、ご売却をお考えの方は
地元に根付いた山際建設にご相談ください。

お問い合わせはこちら
お役立ち講座

はじめての土地売却 分かりやすさを心がけて解説いたします

『売却する前に早めに用意しておく2つの書類』②

土地を売却するにあたって、お早めに用意をしておいた方がよいものがございます。


◯土地を購入した時の『売買契約書』です。


土地をお持ちの方は、土地をもつきっかけも当然あったはずでございます。


売買で購入した。


相続をした。


などなど…。


なぜ、『売買契約書』が必要かと申しますと、税金の面からでございます。


簡単に申しますと、買った金額より、売った金額が低ければ、税金はかかりません。


逆に、買った金額より、売った金額が高ければ、税金がかかる可能性があります。


ということなのです。


土地を売却しますと、基本的に確定申告を行います。


その際に、購入時の金額の証明として、当時の『売買契約書』が必要になるのです。


相続をされた場合でも、例えばお父様が購入された土地を相続したというとき、お父様が


購入されたことは、相続をした方に継承されます。


故に、購入時の『売買契約書』はあった方が良いのです。


次回に、続きます。