川口市近辺で家や土地をお探しの方、ご売却をお考えの方は
地元に根付いた山際建設にご相談ください。

お問い合わせはこちら
お役立ち講座

はじめての土地売却 分かりやすさを心がけて解説いたします

『土地を売却する際にかかる必要経費のおはなし』②

土地を売却する際には、必要経費がかかります。残念ながら、売った金額がそのままあなた様の手元に残る訳でないのです。

では、どんな必要経費がかかるのでしょう。

印紙代地を売却するときは、契約書を交わします。
その契約書には印紙を貼る必要があります。
例えば、3,000万円の土地のお取引の場合は、1万円の印紙が必要になります。
測量費土地の大きさをきちんと測って引き渡す場合は、土地の大きさにもよりますが、測量費用が30万円~かかります。
解体費用売却する土地を古家が建っており、更地にして引き渡す場合は、建物の解体費用として坪数×5万円程かかります。
仲介手数料売買が成立した際に、不動産会社に支払う報酬になります。
宅地建物取引業法では上限額は、「販売価格の3%+6万円+消費税」と決められております。
税金不動産を購入するのにかかった費用に、売却をするのにかかった費用を足します。
それらを売却した価格から差し引いた金額が、課税の対象となります。
登記費用売却した土地に抵当権が設定されている場合、抹消して引渡しをしなければなりません。
その費用が2~3万円かかります。

土地を売却すると、何百万、何千万…といったお金があなたの手元に入ってまいります。

そのお金が全てあなた様のものになれば良いのですが、土地を売るには『経費』が必要になることを覚えておいて下さい。